新釈漢文大系1 論語: ろんご

著者 :
  • 明治書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784625673405

作品紹介・あらすじ

孔子とその弟子の言行録で、儒教の根幹をなす聖典として、唐代には『孝経』とともに科挙に用いられ、宋代の朱子は論語集注を著すなど、古くから東洋で最も重んじられてきた書。編者は明らかになっておらず、漢代にまとめられたと考えられる。日本には応神天皇の代(285年)に百済から伝来し、日本の政治・文化にも大きな影響を与え続けた。中国思想・文学をはじめとする東洋思想や、日本の歴史・文化を考察するうえで、第一に熟読が必要なのが『論語』。本書の執筆担当者は親しみやすい解説と評釈によって、現代の学界と読書界に再認識してもらおうと努力した。

著者プロフィール

元東北大学教授。文学博士。

「2021年 『新釈漢文大系39 史記 二(本紀 下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田賢抗の作品

ツイートする
×