代数幾何学入門:代数学の基礎を出発点として

著者 :
  • 森北出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627078413

作品紹介・あらすじ

現代数学の華々しい分野として位置づけられている代数幾何学。しかし本格的に学ぼうとすると、膨大な量の理論を身に着ける必要があり、初学者が学習を進めていくのはハードルが高い分野でもあります。

本書は、学部レベルの代数学の知識だけを出発点として、代数幾何学を学ぶ入門書です。具体的な計算が数多く取り上げられており、幾何学的なイメージを膨らましながら読むことができます。また、代数幾何学で用いられる「代数学的なテクニック」がなぜ必要になるのかが懇切丁寧に説明されており、理論の流れが理解しやすいように配慮されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 411.8/N 14

  • 面白いし例も豊富で発展性があるのだけれども、代数幾何というより、環論の本かなぁ。時間ができたらAtyah-McとSharpのおさらいを兼ねて読もうかと思うので、評はその時に。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

早稲田大学教授 博(数理科学)

「2021年 『代数幾何学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドレ・ヴェイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×