ベクトル空間からはじめる抽象代数入門 群・体・テンソルまで

著者 :
  • 森北出版
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627081918

作品紹介・あらすじ

「掃き出し法やランクの計算はできるけれど,ベクトル空間の抽象論になったとたんにわからなくなった」
「群や体はひと通り学んだけれど,議論を追うのが精一杯で理解できた感じがしない」

こんな経験はないでしょうか?
本書では,具体的な計算・図形的な意味・ベクトル空間との関連などを通して,
こうした「抽象代数」の概念を実感もって理解できるようになります.

〈本書の特長〉
・ベクトル空間は,理解しやすい数ベクトルから始め,だんだん抽象度を上げて解説.
・そのほかの抽象代数の概念(群・体・テンソル)は,ベクトル空間に関連付けながら解説.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017/11/24 初観測

  • 請求記号 411.6/Ma 74

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第5章第1節~第3節1~4,おわりに,索引
(大阪成蹊大学,日本生活科・総合的学習教育学会員)

「2020年 『小・中・高等学校 総合的な学習・探究の時間の指導』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田修の作品

ツイートする