建築構造の力学II(第2版) :不静定力学・振動応答解析編

  • 森北出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627505520

作品紹介・あらすじ

例題を解きながら学ぶ入門テキスト.
Ⅱ巻では,不静定構造物を解くための応力法と変位法(たわみ角法,固定法,マトリクス変位法),塑性解析の基礎,振動応答解析について学びます.章末には演習問題もたくさん用意されているので,手を動かして学びたい方に最適です.

第2版では,説明を見直すとともに,レイアウトを刷新し,よりわかりやすく,より見やすくなりました.

Ⅰ巻(静定力学編)の目次はコチラ

第1章 建築構造と力学
第2章 力の釣り合い
第3章 構造物のモデル化と荷重
第4章 片持梁
第5章 単純梁
第6章 特殊な静定構造物
第7章 静定トラス構造
第8章 応力度とひずみ度
第9章 部材断面の性質
第10章 部材断面の応力度と許容応力度設計
第11章 静定梁の変形
第12章 仕事とひずみエネルギー

著者プロフィール

東京理科大学名誉教授 工博

「2021年 『建築構造の力学II(第2版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺本隆幸の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×