デモクリトスと量子計算

  • 森北出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627872011

作品紹介・あらすじ

量子コンピュータの理論研究で世界的に著名なスコット・アーロンソンによる怪作“Quantum Computing since Democritus”がついに翻訳。

古代ギリシャの哲学者デモクリトスから、数理論理学、計算複雑性理論、量子論、さらには心と脳、自由意志、タイムトラベル、宇宙論までを縦横無尽に駆け巡り、計算と物理学、人間とコンピュータ、そして知性と感性の境界線に迫る。

原著刊行後の量子情報分野の進展に触れた、書き下ろしの序文付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 421.3/A 11

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

テキサス大学オースティン校教授 Ph.D.

「2020年 『デモクリトスと量子計算』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森弘之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ロヴェッ...
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×