東大×SDGs: 先端知からみえてくる未来のカタチ

  • 山川出版社
2.20
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 54
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634151833

作品紹介・あらすじ

2050年に真のサスティナビリティを達成するために、残された猶予はあと10年。人類がめざすべき社会・経済のシステムチェンジとは?各分野のトップランナーらによる最先端プロジェクトからみえてくる「未来のカタチ」。東京大学が全学を上げてとりくむ代表的なSDGsプロジェクト84をわかりやすく紹介。サーキュラーエコノミー、水素社会、Maas、CCS(CO2回収・貯留)など、これから必須となるSDGs用語も満載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東大×SDGs 先端知から見えてくる未来のカタチ

    ■1貧困をなくそう
    ●災害が途上国の貧困に与える影響を新たな手法で解明し、政策に活かす。
    ・地理空間分析:電子地図上に位置データを格納して、それらを組み合わせて土地に紐付いた新たな知見を得るデータ解析手法
    ●最新工学技術×現地調査で途上国の貧困・災害対策に貢献
    ・AIと衛生観測を使った途上国の貧困層の居住地推定と順リアルタイムの洪水予想
    ・貧困層の存在は、実態がわかりずら区、都市計画の際に無視されている。

    ■2飢餓をゼロに
    ●先端農学×先端工学で日本農業の高齢化・世界の食糧不足を解決
    ・ピーカンナッツ:栄養価が高く育成や収穫に手間がかからない農作物。
    ・UVA:無人航空機やセンサネット技術を用いた効率的な栽培方法、ゲノムデータをもとに国内栽培法を開発
    ●アフリカで広がるバイオ作物生産の持続可能なあり方を考える
    ●AI×データ×農学でインドに持続的な農業生産を実現
    ・データ科学で実現する気候変動化における持続的作物生産支援システム
    ・インドの人工問題:世界第二位13億人が2050人は16億人になると推定。

    ■3すべての人に健康と福祉を
    ●Maasの活用から「未来のモビリティ社会」を考える
    ・少子高齢化社会の交通インフラ維持に期待されるしくみ
    ・Maas:ICTを活用して交通をクラウド化し、公共交通か田舎またその運営主体にかかわらず、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティを一つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな移動の概念である。
    ・利用者はスマートフォンのアプリを用いて、交通手段やルートを検索・利用し運賃等の決済を行う
    ●東日本大審査の教訓から障害のある人や少数者を包摂する仕組みを世界へ
    ・災害時の心理社会的支援と精神障害者の権利保護プロジェクト
    ●多分野の知を結集して複雑で多様な「こころ」を解明する
    ・動物にも(心)がある。人間中心主義を超えた環境保全の必要性
    ・MRI:人体に電磁波を当てて、核磁気共鳴を呼ばれる減少を計測し、コンピュータ処理する。人体の複雑な構造や、血液中の参加ヘモグロビンの動向などを画像化することができる。
    ●コロナで変化した働き方にも対応。働く人の「心の健康」をサポート
    ・労働者の心の健康を守り、生産的で活気のある職場をつくる
    ●国際的な大規模調査から日本と世界の「こころの健康)に貢献
    ●気候変動による健康被害を世界で使えるデータベースに
    ・東南アジアにおける環境と健康のデータベース構築
    ●IPS細胞を使ってより有効で安全な創薬にチャレンジ
    ●神経変性疾患(アルツハイマー病)の革新的治療約を開発する

    ■6安全な水とトイレを世界中に
    ●前日から避難を可能に。膨大なデータから30時間先の洪水を予想
    ・新たな予報システムが開発されつつあり、気象庁の補完市あえる関係
    ●水道のない地域での活躍にきたい。水を殺菌する紫外線LED
    ・世界22億人が安全な水にアクセスできずにいる。UV-LED浄水装置の開発
    ●洪水・間伐に見舞われるタイに気候変動への適応戦略で協力
    ・水質源をはじめとする地球環境工学に関する研究
    ●アジアの水道事情を自らの手で改善できる「中核人材」を育成する。
    ・アジアの水道事業改善に必要な「人材」育成
    ●都市を流れる河川の持続可能性とは?豪雨の都市浸水リスク制御に貢献。

    ■9産業と技術革新の基盤をつくろう
    ●様々な用途に対応できる5Gネットワーク技術
    ●SDGs実現に必要な企業と投資家のあり方を考える
    ・金融資本市場と公共政策
    ●CO2抑制から災害対策まで。進化する大規模シミュレーションの世界

    ■11住み続けられるまちづくりを
    ●観測データ×シミュレーションで大都市のCO2排出量を検証する。
    ・大都市からの温室効果ガス排出監視システムの開発
    ●日本のITSをリードし、モビリティ・イノベーションを実現する
    ・道路重滝だけではなく、サスティナブルな次世代交通システム
    ・柏キャンパス実験フィールド:ソフトバンク子会社BOLDLYと共同研究のハンドルがない自立走行バス「NAVYA ARMA)の走行
    ●「少子高齢化」先進国日本から新たなまちづくりのモデルを
    ●フェーズフリーという新概念で途上国の都市防災に貢献
    ●他分野の知も結集し、地震・火山災害の軽減を目指す
    ●日本初の国際環境認証プラチナ取得。新たな連携で都市をデザイン
    ・柏の葉アーバンデザインセンター」

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50251012

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00614379

    2050年に真のサスティナビリティを達成するために、残された猶予はあと10年。人類がめざすべき社会・経済のシステムチェンジとは?各分野のトップランナーらによる最先端プロジェクトからみえてくる2030→2050の道筋。東大が全学を上げてとりくむ代表的なSDGsプロジェクト87をわかりやすく紹介。サーキュラーエコノミー、水素社会、MaaS、CCS(CO₂回収・貯留)など、これから必須となるSDGs用語も満載!(出版社HPより)

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/757815

  • 東2法経図・6F開架:519A/To46t//K

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする
×