フランス革命の社会史 (世界史リブレット)

著者 :
  • 山川出版社
3.63
  • (1)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634343306

作品紹介・あらすじ

フランス革命のなにが革命的だったのか?十数年前までなら、多くの人が、フランス革命の革命たるゆえんは、封建制を根底的に廃止して資本主義の順調な発展の条件をつくりだしたことにあると答えただろう。フランス革命はブルジョワ革命だった、と。では現在はどうだろうか?フランス革命のイメージは同じままなのだろうか?本書は、この問いに答えようとする試みである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • w

  • 2013年32冊目

    コンパクトにまとまっていて非常にわかりやすい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

成蹊大学文学部教授

「2018年 『ロベスピエール 世論を支配した革命家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦義弘の作品

ツイートする
×