東アジアの儒教と礼 (世界史リブレット)

著者 :
  • 山川出版社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634346802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 儒教の礼論を喪礼を骨格とした思想ととらえ、その観点から東アジア儒教史を描く。「郊祀」「宗廟」の存在から中国の各時代および日本・朝鮮における儒教の受け入れられ方の違いを指摘するあたりが参考になった。その中で、礼が最も深く社会に根付いたのが朝鮮であることもわかりやすく説明されている。

  • 学者のかく文章がわかりにくいのはなぜだ!

全2件中 1 - 2件を表示

小島毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クロード・レヴィ...
溝口 雄三
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする