ローザ・ルクセンブルク: 戦い抜いたドイツの革命家 (世界史リブレット人)

著者 :
  • 山川出版社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634350878

作品紹介・あらすじ

ドイツの革命家ローザ・ルクセンブルクはポーランドで生まれてスイスに亡命し、偽装結婚によってドイツ国籍を得て、ヨーロッパ労働運動の中心地ドイツで最左派の理論家として活動した。ドイツ革命時の1919年1月に虐殺されるまで、彼女は国際プロレタリア革命の達成のために妥協を排し孤立を恐れず闘い抜いた。本書は、激動する国際情勢のなかで彼女が打ち立てた革命論とその実現に向けた行動、ドイツ社会民主党の右傾化との対決過程を描きだす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女の本屋 > 著者・編集者からの紹介 > 姫岡とし子著『ローザ・ルクセンブルグ――闘い抜いたドイツの革命家』   ♦︎姫岡とし子 | ウィメンズアクションネットワーク Women's Action Network
    https://wan.or.jp/article/show/9301

    《世界史リブレット人》087.ローザ・ルクセンブルク | 山川出版社
    https://www.yamakawa.co.jp/product/35087

  • ドイツ革命で命を落とした革命家の生涯をまとめた一冊。いろいろと思想的限界を感じさせる内容。そして、一世紀経ったいまもこのころとあまり変わらないというところになんとも言えぬものを感じる。
    https://navy.ap.teacup.com/book-recommended/562.html

  • 東2法経図・6F開架:280.8A/Se22s/87/K

  • 289.3||Hi

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

東京大学名誉教授

「2020年 『ローザ・ルクセンブルク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

姫岡とし子の作品

ツイートする
×