琉球と日本・中国 (日本史リブレット)

著者 :
  • 山川出版社
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634544307

作品紹介・あらすじ

沖縄県はその昔、琉球と称し、日本とは別の独立した国家でした。江戸時代、薩摩の侵入を被り、日本の支配下に置かれましたが、中国との通交が認められ、琉球処分に至るまで王国として存続しました。当時、日本は中国と国交がありませんでした。そのため、日本と中国の挟間にあった琉球が、両国に使者を派遣し、あいだをつないでいました。琉球が王国として存在しえたのはなぜか、その理由を明らかにします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 琉球王国と日中の歴史的かかわりを史料からみる。だいたい貿易。
    強くはないのに、なかなか食えない。

    うー。琉球史の最低限の知識くらいは入れておくべきだった。
    できれば日本史・中国史・韓国史も。
    でもそれなりになるほどとは思う。

全1件中 1 - 1件を表示

紙屋敦之の作品

ツイートする