古代オリエント史講義: シュメールの王権のあり方と社会の形成

著者 :
  • 山川出版社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634640917

作品紹介・あらすじ

早稲田大学でおこなった講義をもとに、残された史料からメソポタミアの王や王妃の特質を明らかにし、当時の王権や社会について紐解いていく。

第1~4講までが導入部であり、第5講からが本論になる。本論では、第5~9講まで王権に関して王と王妃に分けて述べ、それらをふまえて第10講からは前3千年紀のシュメール社会について読み取っていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:227.3A/Ma26k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

前田 徹(まえだ とおる)……1972年東京都生まれ 大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学 現在、兵庫県立歴史博物館学芸員

「2021年 『中世後期播磨の国人と赤松氏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前田徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハンナ・マッケン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×