メソポタミアの王・神・世界観―シュメール人の王権観

著者 :
  • 山川出版社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634649002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東西を問わず、古代の英雄は、生きることの意味を名を後世に残すことに求めるんだなーと思いました。どれだけ鮮烈に生きるか、どれだけ名を汚さずに死ぬか。ちょっと引用になりますが、『名を残すことに意味を求めるのは、人間が神と違って死すべき存在であり、永遠性をもたないからである。』ってのが、本当、メソポタミアはシビアな世界観だな…。

    ギルガメの名前のネタは他の本にもあったような。冥界の王をからめたのもあった気がするけどどこの本だったかわすれました。

全1件中 1 - 1件を表示

前田徹の作品

ツイートする