処女峰アンナプルナ 最初の8000m峰登頂 (ヤマケイ文庫)

制作 : 近藤等 
  • 山と渓谷社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父が若い頃に読み、衝撃を受けた本と言うことで、もらい読んでみる。

    前人未踏のアンナプルナに初めて登った山岳隊のノンフィクション。

    簡単な昔の地図に記されているアンナプルナ、地元の人達も正確な場所を知らず、手探りで探す。
    6Tもの資材をシェルパ等に手伝ってもらいながら、隊長は荷物の輸送計画、ルート設定、スケジューリングを行う。

    手や足が凍傷で一生も使えないかもしれないリスクを背負い、夢を叶えようとする情熱を感じる。

    下山ルートが吹雪で分からなくなり、凍傷の上、死を覚悟する
    正気保てなくなってしまった仲間
    極限状態のためイライラが抑えられなくなる。等の場面を想像してみると、私のイライラなんて何でもないことだな、と思う。

全1件中 1 - 1件を表示

処女峰アンナプルナ 最初の8000m峰登頂 (ヤマケイ文庫)のその他の作品

モーリス・エルゾーグの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガストン・レビュ...
三浦 しをん
ヘミングウェイ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする