山人たちの賦 山暮らしに人生を賭けた男たちのドラマ (ヤマケイ文庫)

著者 :
  • 山と渓谷社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047913

作品紹介・あらすじ

熊撃ち、ボッカ、山小屋主人、イワナの養殖師、修験者、木地師、職業的釣り名人…。みずから山で生きることを選択した人びとの半生を描く、十三編のルポルタージュ。一九八六年に刊行された作家・甲斐崎圭氏の名著に、一編を加えて、文庫で復刻。三十年の時を経て現在、貴重な記録であるとともに、極度な非身体的生活環境と化した現代への問題提起ともなっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 20160429 山人。生活は都市にのみあるわけではない。そこで生きていくためになにをしていくかの問題。これからの日本でも大事な考え方ではないだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

甲斐崎圭の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×