若き日の山 串田孫一 (ヤマケイ文庫)

著者 :
  • 山と渓谷社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635048323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 哲学者であり随筆家である著者の串田孫一はこれまで知らないままでした。戦前から戦後にかけての山登り日記のような随筆が中心の本です。筋肉質の登山家と違って、内向的というか、うじうじとした内面もそのまま描写されていておもしろい。

    戦後の疎開先の山形の村は私の身近な土地でもあり、近年までそんなところだったのかと思うと同時になくなった両親の幼い頃の生活も想像されてとても懐かしいような感じ。

    山の中か悪天候で閉じ込められた山小屋で読んで、「だよね〜」とかいいながら楽しむのにぴったり!
    紅葉のシーズンにもなったし山にも行きたくなるな。

  • 体で感じた山より頭で感じた山のことが書いてある印象。
    観念的な表現が多い。割と暗い。

  • 2018/2/8購入
    2020/1/17読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

哲学者・詩人・随筆家

「2022年 『寺田寅彦随筆集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

串田孫一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×