ヤマケイ文庫 山怪 弐 山人が語る不思議な話

著者 :
  • 山と渓谷社
3.38
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635048842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田中康弘『山怪 弐 山人が語る不思議な話』ヤマケイ文庫。

    今月のヤマケイ文庫は、山の不思議を集めた作品が3冊も同時刊行と何とも贅沢。

    『山怪』の第2弾。今回も数ページの山と山里の怪異掌編が多数収録されている。事件の現場となった山に見る幽霊、火の玉に狐火に、山中で聞こえる謎の声、狸や狐に化かされた人、大蛇に座敷わらしにヒバゴン。山と山里は怪異や不思議の宝庫なのだ。

    似たような話が多数並ぶ。多くの怪異は田舎の噂話が人から人へと伝聞されて、地理的範囲も次第に拡がっているのではなかろうか。例えば本作に収録されている『ミミズ素麺』。岩手県南でも似たような話を聞いたことがある。ある日、山里の集落で酒を伴う寄り合いがあった。寄り合いも終わり、御開きになるが、一人の呑兵衛爺さんがなかなか家に帰って来ない。心配した家人が探しに行くと、爺さんは田んぼの中に座り込み、何やら話ながら泥団子を食べていたという。狸か狐に化かされたのだろう。おっと、この逸話は前作のレビューにも書いていた。

    座敷わらしなどは、岩手県遠野市や二戸市の金田一温泉が有名だし、エクソシストや祈祷師の話なども、同じ岩手県南の一部の地域には、今でも悪魔祓いという風習が残っているし、よくぞ似たような話が全国各地にあるものだと思う。

    本体価格800円
    ★★★★

  • 民俗学という見方ではなく、あくまで地元の方から聞いた話が淡々とつづられている。そういうものなんだろうなと、自然とスッと話が胸に入ってくる。最近では「都市伝説」なんて形で都会版不思議な話が語られることがあるけれど、これからもずっと本著のような「山の不思議」が語り継がれるといいなと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年、長崎県佐世保市生まれ。島根大学農学部林学科、日本写真学園を経てフリーランスのカメラマンに。阿仁マタギとの長い付き合いをベースに「マタギ自然塾」を2004年から開催。林野庁、トヨタ環境助成、日本財団の事業を実施。西オーストラリアと犬をこよなく愛する虚弱体質中年。著書に「マタギ 矛盾なき労働と食生活」「女猟師」「マタギとは山の恵みをいただく者なり」(いずれもエイ出版社より)「山怪」(山と渓谷社)

「2015年 『猟師が教える シカ・イノシシ利用大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中康弘の作品

ツイートする
×