ヤマケイ文庫 定本 山のミステリー 異界としての山

著者 :
  • 山と渓谷社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635048859

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 工藤隆雄『定本 山のミステリー 異界としての山』ヤマケイ文庫。

    今月のヤマケイ文庫は、山の不思議を集めた作品が3冊も同時刊行。

    著者が長年に亘り山小屋の主人や登山者たちから聞いて、集めた山の怪異56編を収録。2016年刊行の『新編 山のミステリー 異界としての山』を定本として文庫化。解説は田中康弘。山での霊体験や自然にまつわる不可思議などが紹介される。先に読んだ『マタギ奇談』と並び、面白い。

    山では何故幽霊の目撃談や霊体験が多いのだろうか……まさか死ぬことを前提に山に登る人は居ないだろう。従い、幽霊となり、山をさ迷う人びとは全くの不慮の事故により図らずも命を落とし、自分が死んだことにさえ気付いていなかったり、この世に未練を残すあまりに山に居着いてしまっているのだろう。

    山にまつわる伝説や言い伝え、不思議な話も興味深い。時折、自然や動物が見せる奇跡のような数々の不可思議や人間の想い。中でも『第22話 山の神に守られる?』にはジンと来た。

    本体価格800円
    ★★★★★

  • 幼い頃から山好きの両親にあちこちに連れて行かれたせいかおかげか、私は「海もの」よりも「山もの」に惹かれる傾向があります。運動嫌いゆえ今は登山はしないけど、このタイトルは読まずにはいられない。

    収録されている56話におどろおどろしい話はありません。いわゆる怖い話を期待して読むと肩すかしを食らう。むしろ山のちょっとした不思議に触れて山に登ってみたくなる、そんな話ばかりです。

    自然に助けられたり、霊に助けられたり、動物が何かを知らせてくれたり、実際にありそう。熊って普通は人間を避けるものなのですね。そんな豆知識も。

全3件中 1 - 3件を表示

工藤隆雄の作品

ツイートする
×