ヤマケイ文庫 定本 山小屋主人の炉端話

著者 :
  • 山と渓谷社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635048989

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 工藤隆雄『定本 山小屋の主人の炉端話』ヤマケイ文庫。

    著者が山小屋の主人や山を訪れた人びとから丹念に集めた34編を収録。ホラー色は少なく、山での人間模様を描いた短編が多い。

    第1章は『ネバー・ギブ・アップ』。様々な困難や不遇に直面しても、決して諦めない山の人びとを描く。なんと言っても『ネバー・ギブ・アップ』が良かった。人は人生の中で何度も挫折し、再び立ち上がる。諦めたらお仕舞い。この話に描かれた若い男女の不屈の精神は関わる人びとをも良い方向に導いてくれる。『ネバー・ギブ・アップ』と対極にある話が『車いすで木道を』。自分の地元、福島県の吾妻山の山小屋を舞台にした物語。今や山でさえバリアフリーらしい。やり過ぎのようにも思うが、どうなんだろう。

    第2章は『雷親爺』。最近の大人は若者や子供を注意することもなく、ちょっと手を上げれば暴力だという風潮が残忍な事件を生み出しているように思う。

    『河童の頭』は若者たちに説教する山小屋の女主人を描いている。無論、話して解る若者も居れば、解らない若者も居る。

    第3章は『雪女』。『雪女』はホラーだが、『人間が怖い』『詐欺師』『泥棒!』に描かれる人間が一番怖い。

    第4章は『フーの秘密』。動物にまつわるあれやこれや。

    第5章は『遭難救助』。山に付き物の遭難であるが、辛くもその時に命が助かったとしても、違う場面で呆気なく命を失う場合もある。

    本体価格900円
    ★★★★★

全1件中 1 - 1件を表示

工藤隆雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野啓一郎
角幡唯介
小川糸
南陀楼 綾繁
パオロ・ジョルダ...
池澤 夏樹
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×