ヤマケイ文庫 山怪参 山人が語る不思議な話

著者 :
  • 山と渓谷社
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635049245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田中康弘『山怪 参 山人が語る不思議な話』ヤマケイ文庫。

    シリーズ第3弾。今回も山と山里で暮らす人びとから収集した話が多数描かれる。火の玉に狐火、幽霊、ツチノコ、座敷わらしに大蛇、人を化かす狸や狐、神隠し、祟り、虫の知らせなどなど、山と山里には不可思議が存在する。

    作中にも書かれていたが、確かに田舎の家は外と変わらずオープンで家の中をオニヤンマが通り抜けたり、視線を感じてふと目をやればニホンカモシカが裏山に佇んでいたりと、家の中と山との境界線が無いように思う。

    不可思議と言えば。昔、隣とはかなり離れた田舎の祖母の家を尋ねた時に納屋の2階で遊んでいたら、裏山にもんぺ姿の女性が佇んでいるのを見たことがある。一瞬のことであったが、あれは誰だったのか今でも謎である。

    また、友人と2人で深山の森に入った時、何処からともなく軟式野球のボールが足元に転がって来て周りを見渡すと、いきなり周囲に漂う強い獣臭に驚き、一目散に友人と共に森から走り出たことがある。近くに熊が潜んでいて、それを知らせる何者かが居たのかも知れない。

    まだまだ山には不可思議が一杯あるのだと思う。

    定価880円
    ★★★★

  • 私の実家は峠の入り口にある。夜は当たり前に暗かった。

    大人になってから、たまに友人が夜車で送ってくれると、その暗さに一様に驚いていた。私はその度に、その反応に驚かされていた。

    程度は違えど、森や山、海や川、雪とその暗さが背景となった話が、この本にも登場する。私は故郷の森や山を思い浮かべながら、自宅のある東京に帰省から戻る新幹線車内で、この本を読み進めた。

    読み終わったのは、自宅に戻ってお風呂に浸かっていた頃。妻と息子は妻の実家にいて、家には私一人。東京は、雪が降るかと思うぐらい寒い夜。閑静な住宅街で、何の音もしない。本を置いてしばらくしたその時、「ガチャガチャ」という暴力的な音が…

    結局、お風呂がぬるくなるまで浸かっていたのだった。

    セコムしてますか?

  • 山人、マタギなどの不思議な話をまとめた本。結構ビビっちゃう話もあり。教訓的なものもあり。
    マタギのみが話す山言葉、というのがあると知らなかった。山神様に敬意を示して話される言葉で外の人間に教えることはできない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年、長崎県佐世保市生まれ。島根大学農学部林学科、日本写真学園を経てフリーランスのカメラマンに。阿仁マタギとの長い付き合いをベースに「マタギ自然塾」を2004年から開催。林野庁、トヨタ環境助成、日本財団の事業を実施。西オーストラリアと犬をこよなく愛する虚弱体質中年。著書に「マタギ 矛盾なき労働と食生活」「女猟師」「マタギとは山の恵みをいただく者なり」(いずれもエイ出版社より)「山怪」(山と渓谷社)

「2015年 『猟師が教える シカ・イノシシ利用大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中康弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沢木耕太郎
雨穴
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×