地球外生命を探る 生命は何処でどのように生まれたのか

著者 :
  • 山と渓谷社
3.88
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635130141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「生命は如何にして産まれ得るか」「地球生命に匹敵する知的生命体は産まれ得るか」という問いを追求していく本。NHKのラジオ講座をまとめたもので、各章で内容が重複したり前後したりはするが、データを元に深い考察が成されていて納得度も高く、面白く読めた。

  • 電子ブックへのリンク:https://kinoden.kinokuniya.co.jp/hokudai/bookdetail/p/KP00074580
    ※学外から利用する場合は、リンク先にて「学認でログイン」をクリック→入学時に配布されたID/PWでログイン

  • https://ameblo.jp/mayuharu21/entry-12801479008.html

    NHKカルチャーラジオで全13回放送された内容をもとにした、

    地球46億年の歴史をたどった本。

    こういうの大好き。

    それこそ昔NHKスペシャルで地球の歴史を楽しく観させてもらったものだ。



    著者も、火の鳥のごとく、地球誕生から生命誕生、

    さらには人類誕生を観察したかのように、文章に起こしている。

    その知的好奇心たるや。

    スタートははやぶさ、ゴールは地球外生命だけど、中のあんこはどっぷり地球。

    400ページ、退屈することなく、地球の歴史を追いかけることができた。

  • 知的生命体でなくとも微生物も立派に生命と言え、地球外でその痕跡が明らかな今、宇宙(の惑星)で生きた命を見つけるのは、探査力と時間だけの問題になっている。だからなのか、本書は地球の成り立ちと生命の進化を主とした、いわば地球史というべき内容になっている。文章は理路整然で分かりやすいが、気の遠くなるような太古の世界の説明は、事実とフィクションの区別がつかないのが正直なところ。科学の話ながら壮大な物語を読んだ気分。

  • アストロバイオロジー 宇宙生物学
    パンスペルミア説:地球生命は宇宙から来た

    火星 2012年 キュリオシティ着陸 水の痕跡 有機物 メタン
       2014年 日本 MMX 衛星ファボスのサンプルリターン 2029年帰還
    木星 衛星エウロパ 熱水噴出孔 氷の下には厚さ100kmの海
    土星 エンケラドス ガス噴出
    系外惑星 5009個発見(2022/3/28) 地球型惑星59個 ハビタブルゾーン21個
      天の川銀河1000億個の恒星=1000億個の惑星

    生命とは 細胞=生きているいちばん単純な物体
    生命=水+脂質:細胞膜+炭水化物:糖)+核酸:DNA、RNA+タンパク質:代謝
     電子の流れ、プロトンの流れ、化学反応  地球=電気回路  
    6つの特性
    「炭素」「自由エネルギー」「触媒」「老廃物除去」「境界」「遺伝情報」
     海 アルカリ熱水噴出孔 有機物を濃縮 生命の誕生

    ウイルスと生物との違い
     ウイルスはタンパク質を生むリボソームを持たない
     遺伝子情報をmRNAに置き換えタンパク質をつくる

    地球のシステム
     海がある、プレート運動がある、大陸がある、大気の主成分が窒素、生物がいる
     コアの鉄ニッケル合金の対流と自転で磁場が生じ太陽風をブロック
     大陸から海へリンなどの養分流入 海の表面で太陽エネルギー利用
     光合成微生物 水を分解 酸素を発生 酸素の大気が紫外線遮断
    地表の温度=太陽放射-惑星放射+温室効果
     大気が無ければ地球はマイナス18℃
    炭素循環
     大陸が生まれ二酸化炭素を地表に固定、海底に沈殿、火山ガスとして地表に戻る
     1m2あたり300W以下の太陽エネルギーなら海は維持できる

    シアノバクテリア 水を分解して水素(電子+酸素)を出す 原核生物→
     酸素は有機物の反応を高める  真核生物→多細胞生物
    左右対称生物 移動可能 6億万年前前後 極移動により酸素の増加

    進化 1.既にあるものを利用 2.多機能性 3.反復性 4.モジュール性
     生物から知的生命体への進化 ←環境変化
     まれな現象で同じ時期に近くで生まれる可能性は低い

  • ふむ

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1946年静岡県生まれ。
1972年東京大学博士課程修了。
複雑理工学、地球惑星科学専攻。
現在、東京大学大学院教授。
著書 『宇宙人としての生き方』
『お父さんと行く地球大冒険』(以上岩波書店)
『惑星科学入門』(講談社)
『一万年目の「人間圏」』(ワック)
『地球・宇宙・そして人間』(徳間書店)
『宇宙誌』(徳間書店)など多数。
テレビ出演・雑誌等で活躍中。

「2005年 『「人間圏」の未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松井孝典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
カルロ・ロヴェッ...
ヴィクトール・E...
劉 慈欣
アンデシュ・ハン...
ヘンリー・ジー
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×