岩合光昭×ねこ旅

著者 :
  • 山と渓谷社
4.26
  • (24)
  • (15)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635550079

作品紹介・あらすじ

ベネチア×シチリア×カサブランカ×イスタンブール×ミコノス島×小樽×鎌倉×尾道×竹富島…岩合さんといっしょに「ねこ旅」に行きませんか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本と世界を旅して出会ったねこの写真集。
    今まで読んだ岩合さんの写真集の中で一番分厚いかも(^.^)
    出会えるねこの写真も膨大!

    岩合さんが前書きでおすすめしていた「ねこをたずねるねこ旅」、いいかも。
    自分の住む町を歩いていて野良猫を見かけるだけで心ときめく。
    うまく写真はとれないけど、ただの散歩だったはずが、ねことの出会いの物語になる。
    私の人生で、ねこは特別な存在なんだなと改めて思う。
    「ねこをたずねるねこ旅」、やってみよう…!

    特に好きだった写真は、

    早く家に帰りたい @青森県、弘前市
    気が付いてくれるように鳴いてみる @神奈川県、茅ケ崎市
    ウシに舐められるのがうれしいねこがいる @スペイン、ラマンチャ
    ヒトの顔が見えるのか、かわいいメスが見えるのか @イタリア、ベネチア

    かな。
    今日も、ねこのおかげでしあわせだ~(*^^)

    • hotaruさん
      tsukiyomiさん、初めまして、こんちには。
      ねこちゃん、大好きなんですね。私もねこ大好きなので、勝手に親近感…。

      フォロー返しもあり...
      tsukiyomiさん、初めまして、こんちには。
      ねこちゃん、大好きなんですね。私もねこ大好きなので、勝手に親近感…。

      フォロー返しもありがとうごさいました。
      またかわいいねこちゃんの本、ご紹介くださいね
      2018/04/21
    • tsukiyomi777さん
      hotaruさん、こちらにもコメント頂いて、ありがとうございます(^^*)

      hotaruさんもねこお好きなのですね!
      ブクログではた...
      hotaruさん、こちらにもコメント頂いて、ありがとうございます(^^*)

      hotaruさんもねこお好きなのですね!
      ブクログではたくさんのねこ好きな方と出会えて、嬉しいです(^^*)

      実はうちの猫は元野良で。重度の猫風邪で顔かグショグショ、痩せた体なのに、散歩していた私の後ろをずっととことこついてきて、治療しているうちに家族になりました。
      その猫と出会ったのが四年前の今日です。
      そんな特別な日にhotaruさんと繋がれて、私も勝手に親近感を抱いています笑
      (*^^*)

      hotaruさん、古典も読まれるのですね!
      私にはハードルが高い…と敬遠していたのですが、最近、読みたい熱の方が強くなってきたのです…!
      hotaruさんの本棚、参考にさせてください(*^^*)
      やはり最初の一冊は、吾輩は猫である、かな、と考えています(^.^)
      2018/04/21
  • こねこかわいい

  • 図書館に子供と一緒に行ったら、「貸出カードを作りたい」と言い出して、一緒に手続した。子が自分で選んで借りた一冊。あとで私も読むんだ。

  • 外猫のキリッとした目が印象的で、どれもシャッターチャンスを逃さないステキな写真です。多分寝転がって撮ったんだと思いますが、猫と同じ目線になっているので、本を見ていてこちらが猫に見られているような気分になる本です。

  • ねこ好きとしては、息子にねこの色々な顔を見せたくて。

    見た結果、私が旅に出たくなりました。
    違う猫だとわかっていても、同じ猫が世界各地を旅しているような錯覚。自由。

  • 岩合さんのコメントがおもしろい。土足厳禁の寺で休む猫のコメント「きれいな足なので大丈夫」。律儀なほどに商品がまっすぐつみあげられたお店の猫のコメント「整理整頓は店主にまかせてある」。思わずくすっと笑ってしまった。

  • 2015-5-30 岩合光昭さん世界ネコ歩き写真展見た帰りに購入。

  • 2015.2.15

  • やまけいの週めくりカレンダーから。カレンダーを毎年買っているから覚えている写真ばかりなのに、によによしながら眺めてしまう。にゃんこは愛!

    猫好きは、岩合光昭氏という最高の写真家を味方につけてとても幸せだと思う。

  • あ〜癒される。猫かわいい。
    べっぴんさんはもちろんかわいいんだけど、
    ぶちゃいくな子もそれなりに愛嬌があって、
    妙にかわいいんだよね。
    デレレェーンとだらしなく昼寝してる姿も微笑ましい。

    うちの猫ちゃんに似た子、いた。
    うちの子は家猫のせいか、のんびりした顔つき
    しているんだけど、写真の子はキッって顔してる。

    猫って、「なぁにその何か言いたげな目は・・・」
    という目をしますよねー。あぁぁかわいい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岩合 光昭(いわごう みつあき)
1950年東京生まれの動物写真家。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。19歳の時、動物写真家であった父・岩合徳光の助手として訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、父の後を追って動物写真家としての道を歩み始める。
以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続ける。アフリカ・セレンゲティ国立公園に1年半に渡り滞在して撮影をした写真集「おきて」は、世界中でベストセラーとなる。また、独特の色やコントラストを持ち、想像力をかきたてる写真は、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾るなど、全世界で高く評価されている。近年はカナダでホッキョクグマ、中国でジャイアントパンダやトキ、知床でオオワシやヒグマ、屋久島でヤクシカやヤクザルなど、オリンパスのデジタル一眼カメラを駆使して、野生動物の写真を次々と発表している。
最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れており、NHKBSで「岩合光昭の世界ネコ歩き」が好評放映中。2017年10月、「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」が公開。
なお、ねこまきのコミック「ねことじいちゃん」映画化において、初の監督を務める。2019年公開予定。

岩合光昭の作品

ツイートする