頑張らないジャズの聴き方

著者 :
  • ヤマハミュージックメディア
3.23
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784636879865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前半部分とキーワード編は音楽理論やジャズの歴史(的背景)などのアカデミックな範囲にかかる部分がわかりやすく解説されている。
    ジャズ概要入門としておすすめ。
    後半部分は「自分の"神ジャズ"リストを作ろう」という内容で、これは他のカルチャーを楽しむ方法に通ずるものが書いてあった。
    タイトル通り「頑張らない」で楽しむには前提として好奇心が必要となるが、それとこの本があればジャズを楽しめるのではないだろうか。

    ちなみにこの本に書いてあるおすすめジャズの累計時間は8時間を超える。
    長旅をしながら聴くとちょうど良いかもしれない。

  • まさにジャズは聞いてみたいけど何から聞いてみたらわからない人がだろう私のための本のはずなのだが、全く視界は開けない。
    そうゆうもんじゃないですよね何事も。自身の興味が先に来なきゃ駄目だ。
    基礎は知っている人が俯瞰的にジャズの歴史、違いを知るには良い本だと思いました。
    うーん聴いてみたいなぁとなる熱量は低い。

  • ビギナーのためのジャズ入門ガイド。「神ジャズ」リスト作りなど肩ひじ張らないワンポイントアドバイス。

  • 最初のパートがシンプルに、頑張らない感じで書いてくれてますが、慣れてないとやっぱり取っ付きにくい…。こんな感じが…って聴きながらじゃないとわからないもんですね、きっと。本当に取っ掛かりのない人は、何個か、ここに出ているようなのをトライして、気に入ったのを広げればいい。

  • 12/07/30 これまでのJAZZ本とは一味違う紹介本。

  • ジャズ A to Z。前半は、ジャズの歴史を紐解きながら、自分が好きなジャズ、神ジャズを探すことを唱える。後半のキーワード編は、少し突っ込んだジャズを語る上で重要な言葉を紹介している。個人的には、ウィントン・マルサリス登場以降の、現代のジャズ事情が語られていたくだりが役に立った。

  • 今まで色んな小難しいジャズ本読んだけど、最初にこれ読んどけば良かった。でもまあ、やっぱりうんちく気にしないで、好きなのひたすら聴いてるけどね。

  • 分かりやすい!

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする
×