「音大卒」は武器になる

著者 :
制作 : 武蔵野音楽大学(協力) 
  • ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
3.32
  • (3)
  • (11)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 122
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784636910650

作品紹介・あらすじ

本音のキャリアガイド!「音大を出てどうする?」の答えが見つかる!音大がもっと好きになる!異色の就職・生き方本。音大生用就職マニュアル付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 在学中に話題になった母校。

  • 音大生のための本だが、専門教育を受けていたり
    何かに打ち込んでいる人なら、読んでおいて損はない。
    著者の語り口はソフトながら、言うことはかなりシビアで現実的。
    音大卒ではない著者だからこそ正直に書けることも多い。
    さらっと読んでしまうだけだと、反感を覚える人もいるだろう。
    しかし、要は「専門分野を持ったうえでどう生きるか」ということを細かに書いているわけで、
    口調は厳しいが著者の誠意は伝わってくる。

    ちなみに、これを武蔵野音大の協力のもと
    出版するというのは物議を醸しそうだ。
    それだけ、音大側のキャリアに対する考え方が
    時代に合わせて変わってきているということなのかもしれない。

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/
    図書館・請求記号 377.9/O91//

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/672545

  • ☆音大生は時間を守り、礼儀正しく、何よりも叱られてもめげない。その一方、音楽という夢を追い続け、失敗する事例も。だから、就職を。

  • 同じ著者の「音大卒の戦い方」(2015.12)を先日読みました。「音大卒は武器になる」(2015.2)、武蔵野音楽大学に勤務する大内孝夫さんの音大生に対する暖かいまなざしと就職活動へのアドバイス・激励です。音大生は演奏家や教員だけでなく、それ以外の社会でも通用する力が備わっている。本人はピアノしかできないと思っているが、素晴らしい能力やスキルを持っている。特に、コミュニケーション能力や礼儀(マンツーマンのレッスンから)、いくら叱られてもめげない精神力(音大生の強み)。

  • 2015.04.11 HONZより

  • うーん。すごく肌感覚と近いところも、それは嘘だろってところも感じる本だった。ただ、タイトルでターゲットを音大生に絞りつつ、そこに圧倒的に不足している情報(就活、お金周り)を与えることにフォーカスしている点は共感できた。本という媒体でやる必要はないほど内容は薄かったけど…

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ。みずほ銀行にて支店長などを歴任。武蔵野音楽大学を経て、2020年より名古屋芸術大学音楽領域教授。ドラッカー学会会員、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)キャリア支援室長ほか兼職。『そうだ! 音楽教室に行こう』、『「音楽教室の経営」塾』①②、『目からウロコの就活術』(以上、音楽之友社)、『「音大卒」は武器になる』、『「音大卒」の戦い方』(以上、ヤマハミュージックメディア)ほか、WEB連載含め著作多数。

「2021年 『AI時代最強の子育て戦略 「ピアノ習ってます」は武器になる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大内孝夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ピエール ルメー...
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
宮部みゆき
村田 沙耶香
佐々木 圭一
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×