直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門

  • ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784636972290

作品紹介・あらすじ

「何かを身につけたい」「アイデアを出したい」「目的をかなえたい」「人生に行き詰まった!」――。
そんなときには、哲学が助けてくれる!
人生のグランドセオリー「ヘーゲルの弁証法」の生かし方。
・新しいアイデアを求めている人
・ジレンマに苦しんでいる人  
・何かに挑戦している人
・何かを学んでいる人 
・何かに挫折し、もがいている人
・これから何かをやってみたい人
この本はこのような方に向けて、
講義形式で弁証法を使った解決方法を提示していきます。
哲学を使い、創造性を高める魂の講義!

「僕が、なんとかここまでやってこられたのは、人がつまずく問題には大体つまずき、そのたびに何かの「方法」を開発することで対処してきたからではないかと思います。
(中略)そんな僕が普段から使っている有用な「方法」のひとつが、「ヘーゲルの弁証法」です。ではヘーゲルの弁証法とは何でしょうか? どのように有用なのでしょうか?
本書では、僕がこれまでの人生の中で、どのように弁証法を生かしてきたかを紹介しつつ、弁証法の使い方を考えていきます」(「はじめに」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 異質なものを組み合わせて新しいことを考えましょう、差別化のためにもあえて人と違う組み合わせを考えて行きましょうというシュンペーターが言うイノベーションの話が主で、最初に矛盾を異質と読み替えている時点で、弁証法の話からは外れているのではないかな?と感じた。

  • 【内容/感想】
    ・ヘーゲルの弁証(創造とは異なるものの組み合わせを高次元に止揚させる)という、思考方法を具体的なわかりやすい例を用いて紹介しつつ、最後には作者の人生経験から物ごとを達成するには「テクニックより、誠実さと切実さ」が重要だと締めくくる内容であった。

    ・最終的には、「誠実さ切実さだ!」、「なりたいものになるためにはそれ意外を学べ!人生経験豊かにしよう」(そんな強い言い方はしていないですが)
    といった、情熱や感情に訴えるようなメッセージに落ち着いているのは意外でもあり、なにか自分が励まされているような気がして(自分の人生が正当化セれたような気がして)、ほっとした。(そして少し前向きになった)

    ・言っていることは、多くの著名人が言っているような内容と重複して特段目新しいものではないが具体例が分かりやすく面白い。
    色んな人生経験からパーソナルな創造が生まれるには確かに納得した。

    ・「映画監督になりたかったら、いわし漁にいけ」と生徒に紹介した作者の話は、昔映画インディージョーンズのシーンで図書館で勉強している生徒が、ジョーンズ先生に「どうしたら先生みたく偉くなれますか?」という質問に対してインディージョーンズは、
    「外に出ろ、勉強ばかりしてると馬鹿になるぞ」と言ったシーンを思い出してクスっときた。

    【こんな人におすすめ】
    ・創造的な活動をしたいと思っている人
    ・自分の生き方に疑問を感じている人
    ・これからなにかやってみたいと思っている人

  • 自分のブックメータ―『アイデアの作り方』にいただいたコメントで薦められ読んでみた。「テーゼ」の横に「アンチテーゼ」を置いてアウフヘーベンして「ジンテーゼ」を生む。対立軸(アンチテーゼ)に失敗を置いても良いというのは失敗を活かす方法を見つけた!と思えた。根本はアウトプットの量産。なんであれ形にし続けることをしないと弁証法も生きてこない。

  • 自分の思考のクセを理解したうえで、哲学法則を発想法として利用する。自在に使えたら面白いことになりそう。そして後半の展開にニヤッ、それが一番大事。
    最後の対談も面白い。

  • ひとつの哲学書でありつつも実践的な人生の指南書とも言える本。
    相反するものを掛け合わせてまったく別の解を導き出すという弁証法的な発想は、多くの人が日常生活で行っているかもしれない。
    しかし、「誰もが意図的にできているか」といえば、難しいのではないだろうか。
    なぜなら、「本当に人と意見がぶつかるとき」や「人生に行き詰まったとき」など、大切にしているものに危機が訪れたときほど、相反する意見や考え方に目を向ける余裕がないからだ。
    この本では、ソクラテスの時代から使われているという弁証法を、よりテクニカルに使いこなすための手法が書かれている。

    ユニークなのが、対立する思考を掛け合わせるだけでなく、自分の人生のなかで、過去と現在をかけ合わせたり、失敗をどう生かすかといったことにまで、弁証法的な手法を使っていること。
    著者の体験談や豊富な事例などをもとに平易に書かれているため、非常に理解しやすい。
    このような考えを懐にしのばせているだけで、非常に有効な道具として使えるだろう。

    ネタバレになるためここでは伏せておくが、弁証法的な手法を身につけたあとの最終講では、すべてをひっくり返す論が展開される。しかし、それが著者のメッセージとして熱く伝わってくる。
    ビジネスマンからクリエイターまで、勇気が欲しい人にもおすすめしたい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

著述家、大学講師、映画監督。1966年、京都府に生まれる。京都大学経済学部でゲーム理論と組織の経済分析を専攻。大学卒業後は電通を経て渡米。カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得し、シリコンバレーでベンチャー企業に参加する。2001年には、製作に参加したアメリカ映画「Bean Cake(おはぎ)」がカンヌ国際映画祭短編部門でパルムドール(最高賞)を受ける。大学で客員研究員や講師をつとめながら、国内外のチームとともに映画製作を続けている。
著書に『サリンとおはぎ』(講談社)、『小さくても勝てます』(ダイヤモンド社)、『直線は最短か?』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)などがある。

「2020年 『増補 社会原理序説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阪原淳の作品

ツイートする
×