首斬り浅右衛門刀剣押形

著者 :
  • 雄山閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784639027157

作品紹介・あらすじ

江戸時代、日本刀の「斬れ味」を実証するための試し斬りを八代にわたって世襲した『首斬り浅右衛門』こと山田浅右衛門。その歴代が残した、同家の『刀剣押型』全29冊から、特に資料的価値の高いもの、愛刀家の関心の高いものを抄録する。種々の文献に残る試し斬りのエピソードや、江戸時代の試し斬りの制度などの解説も充実。
「斬れ味」という日本刀本来の機能の上から美術性を探る唯一の書籍、待望の復刊。

著者プロフィール

福永酔剣(ふくながすいけん)
医学博士 元熊本大学助教授

主な編著書
『日本刀大百科事典(全5巻)』『刀工遺址の研究』『日本刀名工伝』『薩摩の刀と鍔』『日本刀物語』『日本刀よもやま話』『名刀と名将』『刀鍛冶の生活』『古今鍛冶備考』『肥前の刀と鍔』『日向の刀と鍔』『日本刀の鑑定と研磨』『日本刀業物入門』『刀の偽銘』『日本刀鑑定必携』など刀剣研究の編著書・論文を多数執筆。

「2020年 『大名家・著名家刀剣目録【復刻版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福永酔剣の作品

首斬り浅右衛門刀剣押形を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×