たたら製鉄と日本刀の科学

著者 :
  • 雄山閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784639027331

作品紹介・あらすじ

日本古来の「たたら製鉄」の歴史を辿りながら,とくに江戸時代に独自の技術として花開いた高殿式たたら,その流れを汲む靖国たたら,そして戦後の日刀保たたらまで,その特徴を科学的に分析し,鉄の美学を明らかにする。日刀保たたら鉄担当者の実証的力作。

著者プロフィール

鈴木 卓夫(すずき たくお)

1945 年 神奈川県厚木市に生まれる。1967 年 明治大学農学部卒業、1978 年 日本大学文理学部卒業。2001 年 東京工業大学よりたたら製鉄の研究により博士号(学術)を取得。

(財)日本美術刀剣保存協会たたら課長、同協会新作刀展覧会審査員、刀剣研磨・外装技術発表会審査員、保存・特別保存刀剣審査員などを歴任。その他多年にわたり東京都刀剣登録審査員、東海大学体育学部武道学科非常勤講師(日本刀講義)に従事する。

主な著書

『作刀の伝統技法』(理工学社・1994、2016 年オーム社より再版)、『室町期美濃刀工の研究』(共著・里文出版・2006)、その他「たたら製鉄」に関する論文を多数執筆。

「2020年 『たたら製鉄と日本刀の科学【新装版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木卓夫の作品

たたら製鉄と日本刀の科学を本棚に登録しているひと

ツイートする
×