民事裁判の審理 (上智大学法学叢書)

著者 :
  • 有斐閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641036482

作品紹介・あらすじ

本書は、民事裁判(民事訴訟)の中核である審理についての研究書である。本書では、弁論主義に始まり、近時有力な「手続保障の第三の波」説の検討、民事裁判のあらゆる局面を支配する原理となっている「主要事実と間接事実の区別の法理」の包括的な検討、文書提出命令や証拠保全を中心とした証拠資料の収集の問題の順で取り扱っている。

著者プロフィール

小林 秀之
一橋大学名誉教授

「2022年 『民事訴訟法 第2版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林秀之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×