事例から刑法を考える (法学教室Library)

  • 有斐閣
4.06
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641042681

作品紹介・あらすじ

刑法総論・各論の論点を多数織り込んだ事例。事例に沿って展開される解説から刑法解釈全体が身につく。章末にひとつの考え方を示し、自主学習にも配慮。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか入り組んでいて面白い問題集。東大結果無価値系の最先端というべき解説がなされているので、ベースとする基本書によっては解説が合わないかもしれない。あと、論文執筆を読者に勧める演習書はなかなかないと思う(笑)。

  • 解説は丁寧。島田先生、小林先生はすごいんだろうなと分かる。ただ、所々論点が高難度のものも。また、学説の説明に終始しているような解説もあって、分かりにくいことも。

  • 問題は良い。

    解説はマニアックすぎる嫌いがあるため鵜呑みにしない方が良い。

    身内(師匠とか共同執筆者とか)を持ち上げすぎるところがちょっとキモい。

  • ほどよく負荷がかかってよい。
    学説の解説は基本書より詳しい。

  • まだ読んでいません。

全5件中 1 - 5件を表示

島田聡一郎の作品

ツイートする