政党内閣制の成立 一九一八~二七年

著者 :
  • 有斐閣
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641076884

作品紹介・あらすじ

政党政治に否定的であった明治立憲制の下で、一九二四年から三二年にかけて政党内閣が相次いで成立し、さらに一九二七年に立憲民政党が結成されてからは、立憲政友会と民政党という二大政党の間で政権交代がなされた。そうした政党内閣の成立や政党間での政権交代は、なにゆえに実現し、どのような意味をもっていたのか。それは、戦前日本における政党政治の一つの到達点ではなかったか。一九一八年の原敬政友会内閣成立から二七年の民政党結成まで、政権の新たな担い手となる政党勢力と、首相を選定していた元老・宮中との相互作用を軸に分析・考察し、その現代的意義を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中身はちゃんと詰まってるのに、何となく読みやすかった。
    基本知識くらいならあるよ、という人にとっては、小腹が空いたときに丁度いいおいしさ。

全1件中 1 - 1件を表示

村井良太の作品

ツイートする