社会学のあゆみ (有斐閣新書 C 52)

著者 :
  • 有斐閣
3.35
  • (1)
  • (6)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641088573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1979年刊(なお1989年段階で17刷目である)。


     近代の社会学黎明期から現代(とはいえ、現代ながらに刊行時が些か古いが)までの、社会学の学問的なフレームワークの変遷に関する学説史を、代表的論者の論考を踏まえレビューする書である。
     新書とはいえ飛ばし読みして良い部分が殆どなく、実に有斐閣らしい重厚な作りである。当然、再読必至である。

     テーマと代表的論者につき整理すると、
    ⓪ 黎明期-コントとマルクス。
    ① 近代社会の自己認識・自画像の道具として-ウェーバーとジンメル。
    ➁ 社会学的方法論の成立/実証主義・実証科学-デュルケム。
    ➂ 社会の(史的)変遷を視野に/社会過程論-シカゴ学派。
    ➃ 機能主義的社会学の成立/社会現象や制度他の相互作用にメス―パーソンズとマートン。
    ➄ 現代的問題への処方箋としての社会学-グールドナー後。

     全体を俯瞰してみるに、
    ⅰ) 客観か主観か(両者の折衷)。
    ⅱ) 要素還元型か社会全体総合型か。
    ⅲ) 静的分析か、動的分析か。
    ⅳ) 歴史を視野に入れるか否か。
    ⅴ) 現状認知・肯定か、それとも社会改善目標か。
    など切り口は多様で、考えさせられる点も多々ある。

     内容面で読み飛ばせないことを考慮すると、社会学理論の到達点と現代的問題意識を重視するなら、➃➄を先に。残りを後回しにする手もありそうだ(この点は、➂から遡る方法でも、⓪からスタートでも可だろう)。


     著者新睦人は奈良女子大学文学部教授(理論社会学・都市社会学)、同大村英昭は大阪大学教養部教授(理論社会学)、同宝月誠は京都大学文学部教授(社会病理学・理論社会学)、同中野正大は京都工芸繊維大学工芸学部教授(理論社会学・地域社会学)、同中野秀一郎は関西学院大学社会学部教授(理論社会学・知識社会学・政治社会学)。

  • 社会学入門書。

  • 社会学史の入門書。図書館で借りたのだが、よくまとまっていて購入しようか悩んだしまった。ただ、本当に普段社会学をやっていないひとには少々耳慣れない言葉も度々出てくるため、教養書のような軽い気持ちで読むとしんどいと思う。

  • A田先生に勧められて読んでみた本。
    社会学の入門書。
    編入試験に役立ちました!
    基本的な理論、著名な学者の紹介が主。

  • 社会学140年の歴史をみることで、これまでの社会学のあゆみを理解できる一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

新睦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デュルケーム
マックス ヴェー...
マックス ヴェー...
エーリッヒ・フロ...
マーク・ピーター...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする