教育の社会学―「常識」の問い方、見直し方 (有斐閣アルマ)

  • 有斐閣
3.45
  • (2)
  • (11)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641120969

作品紹介・あらすじ

現代日本の教育問題の焦点、「いじめ」「幼児教育」「ジェンダーと教育」「学歴社会」をとりあげ、そこに含まれる「当たり前」を疑うなかから何がみえてくるかを具体的に検討。実態の認識から、方法の特徴、理論・研究の動向まで学べる、読んでおもしろい"教育の社会学"。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当に教育社会学の初学者向き。『教育社会学』と『現代教育社会学』を読んで難しいと感じればこの本から読み始めると良いと思う。筆者も最初はこの本から読んだ。だけど一度しか読まなかった。説明は噛み砕かれており理解は容易★

  • 教育社会学の初学者向け教科書。読み物としても十分面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

苅谷剛彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

教育の社会学―「常識」の問い方、見直し方 (有斐閣アルマ)はこんな本です

ツイートする