医療の個人情報保護とセキュリティ―個人情報保護法とHIPAA法

制作 : 開原成允  樋口範雄 
  • 有斐閣
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641129788

作品紹介・あらすじ

2005年4月個人情報保護法施行。それにあわせて2004年12月に厚生労働省がガイドラインを策定し、その他関連する指針等も大幅に改正された。そのもとで、プライバシー性が高く、利用・管理に関して特殊な問題を孕む医療情報をいかに取り扱うか。医療・介護・医学研究などにおける個人情報保護の基本的な考え方を米国のHIPAA法をも参考にしつつ詳解し、法とガイドラインについて、最も重要な点をわかりやすく解説する。また、現場での取組みについても具体的に詳解する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個人情報保護法とHIPAA法を中心に医療現場の個人情報に関して非常によくまとまっている。
    医療分野、情報通信技術、法その他について正確にバランスよく解説されているし、資料やリファレンスも豊富で、この領域でコアとなる一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

医療の個人情報保護とセキュリティ―個人情報保護法とHIPAA法を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×