問いからはじめる教育史 (有斐閣ストゥディア)

  • 有斐閣
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641150805

作品紹介・あらすじ

誰もが経験する教育,その歴史をひもとくことで見えてくるものとは──。実証研究の成果もふんだんに盛り込んで,学問としての教育史の面白さを説く。本当の意味での批判的思考を鍛え,よりよき社会を希求するために,すべての市民に開かれた画期的な入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:372A/I96t//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得済退学、博士(教育学)。専門はイギリス教育史・アイルランド教育史。主な業績に『福祉国家と教育』(共編著、昭和堂、2013)、「19世紀前半アイルランドにおける教育改革と国民統合」『西洋史学』264号(2017)、’Politics, state and Church: forming the National Society 1805-c.1818’, History of Education 47(1)(2018) ほか。訳書にザーラ『失われた子どもたち――第二次世界大戦後のヨーロッパの家族再建』(共訳、三時・北村監訳、みすず書房、2019)。

「2019年 『失われた子どもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩下誠の作品

ツイートする
×