考える経営学 (有斐閣ストゥディア)

  • 有斐閣
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641150836

作品紹介・あらすじ

管理から自律へ──自ら構想し環境変化を起こすことが求められる現代にあって,経営学の役割も変わりつつある。事業創造を追体験する構成で,事業づくりと組織づくりの課題を考えながら学ぶ。ただ知るのではなく,自分の問題に活かすための,待望の経営学入門!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現代の企業家に求められる2つの要素

    ・エフェクチュエーション
    →目の前にある課題をまずはやってみるという精神。リスク管理が最も大切。

    ・センスメーキング
    ビジョンを描き共有して、メンバーを引っ張っていくこと。

    モチベーション理論

    期待理論
    モチベーション=(結果が得られる確率)✖️(報酬の誘意性)
    マズローの人間欲求の階層性
    ハーズバーグの2要因理論 動機付けー衛生
    デシ内発的動機付け

    目標設定理論←効果的
    ①目標の明瞭性
    ②達成可能性の高さ
    ③フィードバック

  • 東2法経図・6F開架:335.1A/N32k//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

中川 功一(なかがわこういち)大阪大学大学院経済学研究科准教授

「2020年 『感染症時代の経営学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川功一の作品

ツイートする
×