ゲーム理論〔第3版〕

著者 :
  • 有斐閣
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641165779

作品紹介・あらすじ

初版刊行以来,信頼と好評を得続けている決定版テキストが,最新理論を踏まえてさらにパワーアップ。「n人提携交渉問題」と「社会的選択とメカニズム・デザイン」の2つの章を追加。現実社会の問題解決に応用され,発展し続けるゲーム理論の最前線を学ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【図書館の電子書籍はこちらから→】  https://kinoden.kinokuniya.co.jp/tit.library/bookdetail/p/KP00046472

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50239316

  • 東2法経図・6F指定:331.19A/O38g/D.Shimizu

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

近畿大学医学部奈良病院メンタルヘルス科准教授
〈経歴〉
 1982年 近畿大学医学部卒業。医学博士。
 1995年 ハーバード大学チルドレンホスピタル留学を経て2004年より現職。
〈主な著書・訳書〉
 「排泄に関する問題」(飯田順三ほか編『子どもの発達と行動』脳とこころのプライマリケア4、シナジー、2010年)
 『解離する子どもたち――ちぎれた心をつなぐ治療』(共監訳、明石書店、2008年)
 『虐待された子どもへの治療――精神保健、医療、法的対応から支援まで』(共訳、明石書店、2005年)。

「2012年 『自閉症治療の臨床マニュアル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
トマ・ピケティ
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×