近代ヨーロッパ国際政治史 (有斐閣コンパクト)

著者 :
  • 有斐閣
4.44
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641173712

作品紹介・あらすじ

近代ヨーロッパはどのような世界だったのでしょうか。主権国家は、いつ、どのように形成されたのでしょうか。近代ヨーロッパは、国際社会の規範を形成し現代国際社会の源流と伝統を築き上げました。王侯・貴族から絶対君主へ、そして主権国家へという国際政治上の主役の移行をふまえ、16〜20世紀初頭の近代ヨーロッパ四百年の国際政治史を活写します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 講義の参考書として読んだけど、緻密な描写で読み物としても普通に面白い。受験生に読ませてあげたい。

  • 個人的な趣味。
    読書っていうよりも教科書として指定されたものだけど、
    教科書の割にはあまり固くなくて読んでてスイスイ読めて面白かった。

    前半部分はあまり興味なかったから、ちょっと長かったけど、
    やはり1870年代くらいからは面白かった!
    ビスマルクとかドイツ統一あたりが面白かった。

    この本の好きなところは「コラム」セクションです。
    なんか政治家とかちょっとした雑談みたいなのがあってこれがかなり面白い。

    私みたいな西洋外交史オタクみたいな人にはオススメです!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2022年4月現在
関東学院大学国際文化学部教授

「2022年 『ハンドブックヨーロッパ外交史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

君塚直隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×