雇用関係と社会的不平等

著者 :
  • 有斐閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641174580

作品紹介・あらすじ

1980年代半ば以降30年にわたる「雇用改革」は,雇用関係をどのように変え,社会的不平等と排除のパターンにどのような影響を与えたのか。「産業的シティズンシップ」に着目し,日本の正規雇用と非正規雇用の格差拡大について一貫した論理で整理する意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:366.21A/I43k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北海道大学大学院文学研究科・准教授。専門:経済社会学,労働社会学など
主要著書・論文: The Transformation of Japanese Employment Relations: Reform without Labor, Palgrave Macmillan, 2011. 「雇用改革とキャリア─日本における雇用の多様化と『生き方』をめぐる労働者の葛藤」田中洋美,マーレン・ゴツィック,クリスティーナ・岩田ワイケナント編『ライフコース選択のゆくえ─日本とドイツの仕事・家族・住まい』新曜社,2013年,50-73頁。


「2014年 『アンビシャス 社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今井順の作品

ツイートする
×