新・消費社会論

  • 有斐閣
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641174610

作品紹介・あらすじ

消費社会論の分野で読まれ続けてきた定番テキストの新版化。近年注目されている「持続可能性」「リスク社会」と消費社会の関わりなどの現代的なテーマを新たに追加した。消費社会についての理解を深めて,今後の社会動向をつかむのに必携の1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 系・院推薦図書 総合教育院
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 361.5||MA
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/volume/455928

  • 消費文化を機能的価値の追求、関係的価値の追求、文化的価値の追求+社会的消費の3つに分けているのがためになった。豊かに暮らすという消費のプラスの側面を忘れてはいけないと言われていた。

  • 東2法経図・6F開架:361.5A/Ma41s//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

2016年2月現在 立教大学社会学部教授

「2016年 『21世紀の消費 無謀、絶望、そして希望』 で使われていた紹介文から引用しています。」

間々田孝夫の作品

ツイートする
×