家族イデオロギー リーディングス アジアの家族と親密圏 第1巻 (リーディングスアジアの家族と親密圏 第 1巻)

制作 : 森本 一彦  平井 晶子  落合 恵美子 
  • 有斐閣
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641174689

作品紹介・あらすじ

アジアの9社会(日本,韓国,中国,台湾,ベトナム,フィリピン,インドネシア,タイ,インド)の貴重な論文を精選。第1巻では各国の家族が国家の統制により創られた過程を,親族構造や家父長制,儒教化などの文明化,近代化を通して明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【書誌情報】
    『家族イデオロギー 』
    シリーズ:リーディングス アジアの家族と親密圏
    巻次:第1巻
    編者:森本一彦 (高野山大学教授)
    編者:平井晶子 (神戸大学教授)
    編者:落合恵美子 (京都大学教授)
    2022年02月中旬予定
    A5判上製カバー付 , 460ページ
    予定価 6,930円(本体 6,300円)
    ISBN 978-4-641-17468-9

    アジアの9社会(日本,韓国,中国,台湾,ベトナム,フィリピン,インドネシア,タイ,インド)の貴重な論文を精選。第1巻では各国の家族が創られた過程を,親族構造や,儒教化などの文明化,家父長制と近代化を通して明らかにする。
    http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641174689

    【主要目次】
    序論(森本一彦) 

    【第1部 家族イデオロギー ──伝統・国家・個人】
    ◇1-1 伝統的家族 
    1. 初期インドにおけるバラモン的家父長制を概念化する 
    2. 服忌令から見た近世の親族関係 
    3. ベトナムの伝統的家族と儒教の影響 

    ◇1-2 国家と伝統の創造 
    4. 民法出デテ忠孝亡ブ 
    5. 家名(ナームサクン)と姓(セー)の比較 
    6. 国家イブイズム 

    ◇1-3 民主化・核家族・個人化 
    7. 日本社会の家族的構成 
    8. 血縁集団から市民化へ 
    9. 朴正煕体制下における「核家族」言説の変遷と二元構造

    【第2部 家父長制と父系制──家とは何か】
    ◇2-1 系譜制の源流 
    10. 種子と大地 
    11. 『風土記』の女を読む,『魏志』倭人伝の“女”を読む 
    12. 日本古代社会の婚姻形態と血縁構造 
    13. 明清期における異姓継承 
    14. ベトナム南部における伝統的家族の変容 

    ◇2-2 父系化の展開 
    15. 先祖祭祀と家の確立 
    16. 近世東北農村における「家」の確立 
    17. わが国近世の家族における家父長的支配 
    18. 烈女の誕生 
    19. 「家名(ナームサクン)」の起源と君主としてのラーマ6世の役割 

    ◇2-3 系譜制の現在 
    20. 家族の変化と先祖祭祀 
    21. 家族とは誰のことか

全1件中 1 - 1件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×