社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属 (有斐閣Insight)

著者 :
  • 有斐閣
3.49
  • (6)
  • (13)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 157
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641178038

作品紹介・あらすじ

ホームレスやワーキングプア、ネットカフェ難民、日雇い派遣、孤独死や自殺など、福祉国家の制度からこぼれ落ち、呻吟する人々。彼らはなぜ、どのようにその拠り所を失ったのか。グローバリゼーションとポスト工業社会において、深まるばかりの社会分裂を、どのように分析するか。曖昧に使われてきた「社会的排除」概念を、社会参加と帰属に焦点を当てて、理論的にクリアに示し、データとフィールドワークを駆使して、日本の今のリアリティに迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の今を表している。
    この現状が続けば(否、続くだろう)、どうなるのか。
    希望の見えないこの社会で
    私たち若者と呼ばれる世代はどう生きていくべきなんだろうか。

  • 社会の中で生きていくということは,様々な関係の絡まり合いの中で生きていくということ。そうした関係の中で生きていく基盤となる「定点」は重要であり,その喪失を引き起こす様々な要因をきっちり見ていく必要があると思った。また,社会的排除や社会的包摂の概念を使うということは,社会の在り方も考えることだということを再認識した。

  • <内容>
    本書では社会的包摂/社会的排除について歴史的・理論的検討の後に、実際の日本の文脈に即して議論を行っている。

    <感想>
    有斐閣insigtであるため、複雑な議論は出来ていない。
    しかし日本の社会保障全体を「社会的排除」概念をkeywordに基づき分析することで、日本の現状をより比較可能(他国)にしている。

  • 鮒谷さんご推薦

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、3階開架 請求記号:361.8//I97

  • (スエーデンの大学院で学んでいた時分に、学内のポータルにアップしていたものを引っ越しています)

    Masami Iwata is Professor of Social Welfare at Nihon Women's' University.

    She starts with a rather impressive example of visiting a shopping mall, where you can see all the same stores and cafes as you see at the other shopping malls in Japan (and probably everywhere in the world) . There you can see two relationships, if you go into a cafe you can get what you want. It is a short-living, instant, open relationship between you and the cafe. On the other hand if you go into a public library you may not be able to borrow any books unless you are a citizen of that community. Even at a cafe there are may places you cannot enter, places where “Private” boards you can see. In such places relationship is much more closed but could last for a longer period of time.

    Iwata describes that, because of globalization, the world is getting more and more like shopping malls. On one hand the world is getting more open to everyone, but at the same time there is a system which pushes people out of the the necessary places or social relationships, which is called social exclusion.

    Iwata describes that, compared with traditional studies on poverty which concerns about material lackness, studies on social exclusion care more about lack of relationship between one individual and the society that traditional welfare system cannot make up for. Social exclusion is described as a very complicated, complex, and individual process with comprehensive influences of economy, society, politics, education, housing, etc.

    The background factor which disables the traditional welfare system (a product in industry area) is Globalization and Post-Industrial Society. They triggered a recomposition of works; more and more knowledge workers are needed (and with the Internet they can work flexibly but without breaks 24 hours a day) and less and less low-skilled workers are needed. The former moves across boarders for better pay and challenge and the latter movers for minimal pay to support their families back home. Each moves trigger various conflicts, home and away.

    Iwata also describes the vertical moves in one society, that is about those in the bottom excluded tire and those in the middle tire, the position of which is much more fragile than before.

    She then spares a lot of pages for research findings on 1) Homeless people on the street and 2)Homeless people in Internet cafes and shows the processes to become homeless in each cases with specific examples.

    There is a core as well as periphery in one society. Iwata stresses on the importance of “space” and describes those in the periphery social status, or socially excluded, tend to (forced to) live in certain places (geographical areas as well as types of building functions such as prisons, workers camps, internet cafes, etc.). She points out that, because of Globalization, many cities are being renovated to invite more capitals and those periphery communities are being demolished. This pushes people in periphery positions out to move into parks and riversides (which casues a lot of conflicts). Some decide to stay at their poor homes without supply of electricity and gas and found dead alone in a room after a few years. Others prefer a quicker solution and commit suicide. Even for those who want to live, “ordinary citizens” protest against their occupying public places, and young gangs occasionally “hunt” and kill homeless people. In many places “citizens” protest against building social welfare facilities.

    Iwata points out that in Japan the concept of social inclusion is associated with helping them independent ( this of course is the influence of USA). The government stresses the workers have to participant in economic activities and it is their responsibilities to make a living, given opportunities to work.

    Iwata cast a doubt on the effectiveness of this approach for the following 5 reasons;
    1)Do they (those who need inclusion) have enough skills to participate in work?
    2)It is up to each private company to employ them or not.
    3)How do we prioritize them?
    4)The quality of work is the second question. The first priority would become to fulfill the quota.
    5)There would be another type of exclusion in the company they managed to go in.

    Iwata suggets that the first step would be to establish the system in which each citizen can secure an address or a place to live as a foundation of belongingness to the society. Also she suggests that participation in the society should not be limited to participation through work, for there a variety of social members such as aged people(quite a lot in Japan. Even now 25% of women are 65 years old!), handicapped people, and children. She then introduces the concept of Asset-Based Welfare.

    Iwata then goes on that the problem of social inclusion/exclusion is not limited to one country and have to be considered from a broader perspective.

  • 【読書】著者は、生活保護やホームレス問題に詳しい日本女子大学教授の岩田正美氏。貧困問題は、生活保護のケースワーカーの経験を通じ、興味をもっているテーマ。著者が描く、社会からの「引きはがし」と「中途半端な接合」とは、自分が生活保護の現場でみた現実世界。
    社会からの「引きはがし」とは、これまで、失業や倒産、また、倒産と同時に生じた離婚や借金など様々な理由により、一般企業などに勤めているなど、社会のメインストリームにしっかり組み込まれていたのが、一気に転落するケース。本書で言う、ホームレスに至る3つの類型のうち、㈰転落型、㈪労働住宅型。㈪の労働住宅型については、リーマンショック後の派遣切り等で住居を失った労働者が一気に生活保護へと流れた。自身の怪我などで仕事ができなくなった瞬間に一気に仕事だけではなく、住居も失う状況。それも、仕事を通じて生活をしており、仕事を離れた瞬間、自分自身の生活が社会の中でしっかり築かれていないことに気づく。そのときには地域社会からも孤立してしまう。
    もう一つの類型である㈫長期排除型は、引きはがされる社会のメインストリームへの参加を経験していない。途切れ途切れの不安定な就労のみのケースなど。福祉につながってもいない世帯もそうだろう。著者は、社会の参加が中途半端という意味で、「中途半端な接合」と呼ぶ。
    本書の後半部、現在の生活保護の現場において、目先の就労を急ぎ、ともかく仕事があればよいというような就労支援は「中途半端な接合」を再生産する結果のみという、著者の指摘。自分自身の就労支援はどうだったのだろうと、今問い直す。

  • [ 内容 ]
    ホームレスやワーキングプア、ネットカフェ難民、日雇い派遣、孤独死や自殺など、福祉国家の制度からこぼれ落ち、呻吟する人々。
    彼らはなぜ、どのようにその拠り所を失ったのか。
    グローバリゼーションとポスト工業社会において、深まるばかりの社会分裂を、どのように分析するか。
    曖昧に使われてきた「社会的排除」概念を、社会参加と帰属に焦点を当てて、理論的にクリアに示し、データとフィールドワークを駆使して、日本の今のリアリティに迫る。

    [ 目次 ]
    序章 社会に参加するということ
    第1章 「社会的排除」とは何か
    第2章 社会的排除vs.貧困
    第3章 社会からの「引きはがし」と「中途半端な接合」―路上ホームレスから見た二つの経路
    第4章 若者と社会への「中途半端な接合」―ネットカフェ・ホームレスの場合
    第5章 周縁―地域空間と社会的排除
    第6章 セーフティネットからの脱落―福祉国家と社会的排除
    終章 社会的包摂のあり方

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ホームレスやネットカフェ難民などを取り上げ、従来の貧困という考え方とは違う切り口で、社会的に排除されている人々を考察している。考え方の重要性はわかるのだが、排除(exclusion)の反対語である包摂(inclusion)の概念が曖昧で、統合(integration)との区別があまりなされていないようだったのが残念だった。
    ある意味、発展途上国への開発問題のほうが議論として進んでいるような印象すら受けた。

  • 図書館所蔵【361.8IW】

全16件中 1 - 10件を表示

社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属 (有斐閣Insight)のその他の作品

岩田正美の作品

社会的排除―参加の欠如・不確かな帰属 (有斐閣Insight)を本棚に登録しているひと

ツイートする