社会倫理学講義 (有斐閣アルマ)

著者 :
  • 有斐閣
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 68
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641221741

作品紹介・あらすじ

ロボット・AIとの共存,動物との権利闘争は,人間がいかなる存在なのかを私たち自身にあらためて突きつけている。哲学,そして倫理学はそうした多種多様な問いに応えるべく文明の歩みとともに長く議論を紡いできた。第一人者による,講義形式の,体系的な入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 150||In

  • 東2法経図・6F開架:150A/I51s//K

  • 一人でこれ書けるのはすごい。でもこれは相当オリジナルで、わたしにはかなり難しい。大学院生ぐらいで検討しながら読むのがよいと思う。

  • 【書誌情報】
    『社会倫理学講義』
    著者:稲葉 振一郎
    シリーズ:有斐閣アルマ > Basic
    発売日:2021年03月
    版型:四六判並製 カバー付
    頁数:290
    定価:2,090円(本体 1,900円)
    ISBN:978-4-641-22174-1

    ◆人間の社会とはどのようなものか?
     ロボット・AIとの共存,動物との権利闘争は,人間がいかなる存在なのかを私たち自身にあらためて突きつけている。哲学,そして倫理学はそうした多種多様な問いに応えるべく文明の歩みとともに長く議論を紡いできた。第一人者による,講義形式の,体系的な入門書。
    http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641221741

    【簡易目次】
    第1回 倫理学とは何か?──どのようなことが論じられるのか?
    第2回 規範倫理学Ⅰ 功利主義
    第3回 規範倫理学Ⅱ 権利論
    第4回 規範倫理学Ⅲ 徳倫理学
    第5回 メタ倫理学Ⅰ 表出主義
    第6回 メタ倫理学Ⅱ 実在論
    第7回 メタ倫理学Ⅲ 錯誤説と逆転説
    第8回 現代倫理学のコンテクスト
    第9回 政治哲学
    第10回 応用倫理学Ⅰ 生命医療倫理学
    第11回 応用倫理学Ⅱ 環境倫理学
    第12回 応用倫理学Ⅲ 動物倫理学
    第13回 応用倫理学Ⅳ AI倫理学
    最終回 人間とはどのようなものか?

    索引

  • いただきもの。倫理学全般を扱った教科書。一人で全部書くというのがすごい。読書案内も親切。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

稲葉 振一郎(いなば しんいちろう) 
明治学院大学社会学部教授。一橋大学社会学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。専門は主に社会哲学。近著に『ナウシカ解読 増補版』(勁草書房、2019年)、『AI時代の労働の哲学』(講談社、2019年)、『銀河帝国は必要か?:ロボットと人類の未来』(筑摩書房、2019年)、『政治の理論』(中央公論新社、2017年)。

「2020年 『人工知能と人間・社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲葉振一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木哲也
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×