労働法〔第4版〕

著者 :
  • 有斐閣
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (897ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641243170

作品紹介・あらすじ

労働立法の展開と労働関係の特質を踏まえた労働法体系書。最先端の学説状況と裁判例の的確な分析に基づき安定した解釈論を提示するとともに,今後の労働法政策をも展望。格差是正法制,高プロ,労働時間の上限規制,ハラスメント対策などの目まぐるしい動きに対応。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3版まで読んでいるけれど、まだ、4版は読んでいないので、これから読みます。独学で労働法を勉強するのなら、この本と菅野労働法では。

  • 東2法経図・6F開架:366.14A/A64r//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京大学教授

「2017年 『講座 労働法の再生 第1巻 労働法の基礎理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木尚志の作品

ツイートする
×