細川家文書 地域行政編 (永青文庫叢書 第2期)

制作 : 熊本大学永青文庫研究センター 
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642015806

作品紹介・あらすじ

熊本藩では領国統治のため、重層的な行政組織が設けられた。郡代、惣庄屋、会所役人、村庄屋など、行政関係者それぞれの職掌を、絵図・古文書・古記録から解明する。徴税、土地管理、道・橋・用水などの普請、水防、窮民救済、農村復興などの社会の公共的な機能を担う様子と、年貢免率をめぐる百姓との交渉や紛争裁定などから地域の実情を描く。

著者プロフィール

熊本藩主細川家や筆頭家老松井家に伝来した古文書、古記録の調査研究をおこなうために、平成21年に発足した。永青文庫資料の目録作成や重要資料の出版活動に取り組んでいる。
【主要図書】『永青文庫研究センター年報』1~10号(2010~2019年)。『永青文庫研究』創刊号・2号(2018年・2019年)

「2021年 『細川家文書 地域行政編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最近本棚に登録した人

ツイートする
×