肥前名護屋城の研究: 中近世移行期の築城技法

著者 :
  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642029605

作品紹介・あらすじ

大陸侵攻の前線基地として豊臣秀吉が築いた肥前名護屋城。城郭本体の構造的特徴や普請技術をはじめ、隣接する城下町、周囲を取り囲む大名陣所跡を対象に、長年にわたる発掘調査の成果と文献資料から総合的に分析。秀吉直営の陣城として唯一残る城塞群遺跡の全貌を解明し、中世以降の「陣」や石垣の変遷と特徴を初めて通史的に描き出した注目の書。

肥前名護屋城の研究: 中近世移行期の築城技法を本棚に登録しているひと

ツイートする