近代日本社会と公娼制度―民衆史と国際関係史の視点から

  • 吉川弘文館
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642037938

作品紹介・あらすじ

男たちの放蕩や「家」の没落を招いた遊廓。女たちの勤倹貯蓄精神や修養意欲は、どう公娼制度批判へ発展したのか。また、東アジアに拡大した日本の公娼制度政策の特徴を国際関係史的視点から解明。慰安婦問題の歴史的前提にも言及。

著者プロフィール

立教大学教授

「2013年 『「慰安婦」バッシングを越えて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野沢あかねの作品

ツイートする
×