近世旗本領主支配と家臣団

著者 :
  • 吉川弘文館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642043328

作品紹介・あらすじ

徳川将軍家の直臣、将軍直轄軍として権力の支柱であった旗本家。彼らは幕府官僚職の遂行と知行所の支配をいかに両立し、近世領主として存立していたのか。旗本家の領主支配の構造と家臣団の実態を解き明かし、知行地が多く設置された江戸周辺地域にもたらした社会像を提示する。近世社会における旗本家の歴史的な位置づけを問い直す注目の一書。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東北大学東北アジア研究センター助教

「2021年 『開国と明治維新』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×