ヒトラーのニュルンベルク―第三帝国の光と闇 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642054904

作品紹介・あらすじ

ナチスの戦争犯罪が裁かれた街ニュルンベルク。だがこの街はナチスの全国大会が開かれた光あふれる祝祭空間であると同時に、ユダヤ人強制移送の暗黒の舞台でもあった。大衆運動としてのナチズムを新視点から描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地域史

  • 「意志の勝利」の監督は、ナチ党員ではなかった、しかも反ユダヤ人でもなかった。
    当時90%がヒトラーに熱狂していた。
    ナチスは合法政党だった。
    フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンはまだユダヤ人いとって安全な雰囲気があった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京女子大学教授

芝健介の作品

ツイートする