柳宗悦と民芸の現在 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642055963

作品紹介・あらすじ

ダンディで美食家、旅先での人やものとの出会いをこよなく愛した柳宗悦。その等身大の生活と思考の現場から、生とテキストの緊張関係を解明。美と宗教哲学の思索のユニークな統一である「民芸」の意味を、大胆に論じる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    ダンディで美食家、旅先での人やものとの出会いをこよなく愛した柳宗悦。
    その等身大の生活と思考の現場から、生とテキストの緊張関係を解明。
    美と宗教哲学の思索のユニークな統一である「民芸」の意味を、大胆に論じる。

    [ 目次 ]
    柳宗悦と民芸―問題のありか―プロローグ(今日的視点;本書の問題意識)
    柳宗悦という人(柳宗悦の形成;民芸の発見;テキストの民芸;「民芸」の呪縛とそこからの離脱)
    民芸の諸相(民芸の条件;出会いの現場;民芸の「理論」)
    二人の柳宗悦―生とテキスト(生とテキスト;直観 ほか)
    今なぜ柳宗悦と民芸なのか―エピローグ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

松井健の作品

ツイートする