選挙違反の歴史―ウラからみた日本の一〇〇年 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642056359

作品紹介・あらすじ

買収や酒宴接待など、現在も絶えることのない選挙違反。候補者はいかに法律の網をかいくぐろうとし、国民はそれをどう受け止めてきたのか。様々な時代や地域の選挙違反の実態に映し出された、近代社会の歪みを探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『文献渉猟2007』より。

  • [ 内容 ]
    買収や酒宴接待など、現在も絶えることのない選挙違反。
    候補者はいかに法律の網をかいくぐろうとし、国民はそれをどう受け止めてきたのか。
    様々な時代や地域の選挙違反の実態に映し出された、近代社会の歪みを探る。

    [ 目次 ]
    ウラからみた近代―プロローグ
    選挙の理想と現実
    ムラの騒擾と団結―激動の明治中期
    名望家と公民と国民―日露戦後から昭和初期の政党化
    官僚たちの挑戦―選挙粛正と翼賛選挙
    「ぐるみ」選挙と保革対立―独立~安保闘争
    イメージ選挙と違反の減少―高度成長期から現在へ
    鏡としての選挙違反―エピローグ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 思ってた以上に選挙違反の歴史は濃かった。

  • 第一回総選挙から直近の平成17年の選挙までの「選挙違反の歴史」を扱っている。しかしメインはやはり戦前、とくに名望家秩序の形成・崩壊とそれにともなう選挙地盤の変遷といっていいのではないだろうか。

    しかし気になるのは「戦前の社会では従来いわれるほどに「名望家秩序」が地方を支配していたり、国民が国家や名望家に騙され唯々諾々としていたわけでもなかった」(p222)という主張がなされているのに、この本の帯は「国民はなぜ買収されてしまうのか」である。なんだか著者と出版社の間のズレを感じてしまうのである。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

創価大学文学部教授。1954年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。東京大学文学部助手を経て現職。博士(文学)。
主要編著書:『大正期の政治構造』(吉川弘文館)、『選挙違反の歴史』(吉川弘文館)、『原敬』(山川出版社)、『児玉源太郎関係文書』(同成社)。

「2018年 『田健治郎日記 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

季武嘉也の作品

ツイートする
×