日本人の姓・苗字・名前―人名に刻まれた歴史 (歴史文化ライブラリー)

著者 :
  • 吉川弘文館
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642057530

作品紹介・あらすじ

日本人の「姓」と「苗字」のルーツはどこにあるのか?明治以前の日本男性は、なぜ人生の節目ごとに改名したのか?人名が持つ意味や役割を古代から現代までたどり、「日本」「日本人」とは何かを考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <目次>
    姓と苗字
    前近代の名前
    近世の名前と国家・社会・民族
    近代の「氏名」と「帝国」日本

    <内容>
    前半で姓(名字)について、後半で名前について分析している。特に後半の名前から社会学的に、あるいは政治的に分析している点に非常に納得した。

  • 本書における氏・姓の定義が坂田聡『苗字と名前の歴史』と違うようなので、確認したあと評価を確定する予定。

  • 日本人の姓、名字、名前の歴史と変遷。実名と仮名の使い分けを今でもできたらな 。

全3件中 1 - 3件を表示

大藤修の作品

ツイートする